フランチャイズのお店を選ぶ場合に考えた方が良いこと

フランチャイズのお店や代理店の特徴

日本全国にある有名な店舗は、たいていはフランチャイズの代理店になっています。フランチャイズは本部であるフランチャイザーとそのフランチャイズに加入するオーナーであるフランチャイジーで成り立っています。もしオーナーになりたい場合は、本部に問い合わせをしてセミナーなどに参加するのが良いでしょう。セミナーに参加することで、そのフランチャイズの基本的なことを理解することができますね。
フランチャイズに加入する場合は、個人でお店を開くよりも便利な点が多くなります。例えば、お店を開店するにあたり店舗のデザインや商品の取り扱いは全て本部の方で行ってくれますので、わざわざどの商品を選んだらよいかや店舗デザインをどうしたらいいかを考える必要がなくなります。
お店がスタートした場合も、既に名前が知られていますので、最初からお客さんがやってくるため、個人店舗のように客入りの面で苦戦する事は考えにくいでしょう。経営をしている途中に客入りが悪くなれば、コンサルタントの役割をしてくれますので、安心です。

初期費用のことを考えておくと良い

フランチャイズを開始する場合には、初期費用がどれぐらいかかるかをよく調べておく必要があります。これは、フランチャイザーによっても異なりますが、コンビニを開く場合を例にとると、初期費用だけで1,000万円はかかると考えた方が良いです。これに対して、個人でお店を出す場合はピンからキリまでありますが、フランチャイズよりも若干少ない費用でお店を開くことができます。
ただ、様々な点で本部が助けてくれますので、安心した経営は約束されますね。

代理店とは特定の企業と契約を結び、企業が扱う商品を代理で売ることが出来ます。例えば保険会社の商品を扱っている店はこれに属します。