難しくない!白色申告から青色申告に変えてみよう!

最初は気が重い複式簿記

個人事業主になって、もっとも難しいのがお金の管理です。もっと詳しく言うと、お金の出入りの管理を「会計」の言葉で記述しなければならないのですが、これが慣れるまでは難しいのです。特に複式簿記というものは専門用語が多く、今までは会社の経理の人がやってくれていた様々な税金上の処理を自前でやらなくてはいけなくなり、始めの頃は誰でも難儀します。

クラウド会計サービスを活用しよう

しかし時代は変わって「クラウド会計サービス」というものが誕生してから、潮目は変わりました。昨今のクラウド会計サービスでは、お金の出入りを単純に記述していくだけで、難しい「勘定科目」などは自動で仕分けしてくれます。もちろん自動仕分けは完全ではありませんが、ほとんどのケースで問題がありません。クレジットカードなどとの連携もできるようになっているので、仕事用のカードを持っていれば、自動で記述してくれる機能もあり、昔に比べたら記帳に関する手間は大幅に減りました。わからないことがあったとしても、オンライン上でチャットを使えばサービス会社に気軽に質問ができるようにもなっています。もちろん使い始めの頃は期末の「決算処理」などで多少の手間はあるでしょうが、日常的な記帳に関しては本当に簡単になっています。貸借対照表や損益計算書なども殆ど自動で出力できますし、確定申告などもボタン一発で書類が作成できます。工夫すればオンライン上で税務申告することも出来るので、年末に役所に行って並ぶということもなくなりました。利用にあたっては簿記の知識が完全に不要というわけではありませんが、ハードルは非常に低いので安心して利用して良いと思います。

青色申告とは、基本的な確定申告(白色申告)の内容に加え、複式簿記による帳簿付けを行い、書類提出をする申告方法のことです。白色申告に比べ、控除される額が多くなるので、節税にもなります。