引越し作業は一度では終わらないものとして計画をたてることが必要です

引越し作業は契約終了日の1週間前には終わらせるべき

人が引越しする時というものは、色々と大変なことがあるものです。そして、うまく業者のトラックにすべてを積み込むことが出来ればよいですが、もしすべて入りきらなかった場合は、再度の最終引っ越し作業が必要になります。ですが、契約最終日などを引越しにしてしまうと、不動産業者によっては次の日に早くもカギがかけられ、部屋の中に残った荷物を運ばせてくれないといったケースも、稀ながら実際にあるようです。なので、業者をよんでの引っ越し作業が初めての一人暮らし初心者のかたは引越し日の設定には注意が必要です。

引越しとは基本的に一度で完全には終わらないもの

荷物が入りきらなかったら・・・、という件に関しては、業者がトラックの荷物配置をいじってくれることである程度解決する可能性が高いので、そんなに心配はいらないかもしれません。ただし、部屋の中の忘れていた収納スペースのものを出し忘れた、もしくは女性の場合、梱包を業者が手伝ってくれる契約だったものの、デリケートなものは触られたくないので「この辺のものは自分だけで梱包します」と言ったものの、自身での梱包が完了せず、自分であとで運ぶことになってしまったり、色々と不測の事態が起こりうるので、一度では済まないものと割り切り、最終片付けでもう一度戻ってくる日や方法をあらかじめ考えておくことをお勧めします。

車がない人の最終引っ越しは宅急便が便利

車がない人が、運びきれない荷物を運びきるためにもう一度戻ってくる場合は、電車で来て残りの荷物を段ボールに入れて、段ボールを抱えて電車に乗るのも手ではありますが、それよりも宅急便で新居に届けてもらうほうが便利です。

自宅のいらないものなどは不用品の回収を取り扱う業者に依頼して処分してもらうと、身の回りをスッキリとさせることが出来ます。