人生を棒に振らないためにもぜひ知っておきたい!失敗しない自営業の始め方

自営業は誰にでも始められるもの

自営業を始めるのは非常に簡単です。まず何でもいいから、お金を稼いでしまえばいいだけだからです。それで、自営業を始めたことになるわけです。開業届を出す必要もありますが、まずはその前に事業を始めてしまって構いません。事業の開始があった日から一ヶ月以内に開業届は提出すれば大丈夫ですから、何も役所に言わなければ自営業が始められないわけではありません。もちろん、飲食店などをオープンさせるためには届け出が必要になりますが、たとえばライター業やイラストレーター業を始めるのなら、事前にどこかに届け出が必要になるわけではありません。仕事をしてお金を得てしまえば、それでプロということになります。

失敗してもダメージが残らないように注意すべし

自営業を始めるのはいいのですが、失敗をすることも想定はしておきましょう。万が一失敗をしても、後々ダメージが残らないように気をつけるのがベストです。ダメージというのは、はっきりと言ってしまえば借金ですね。まず最初は、お金が必要のないことだけをして稼いでいくのがいいでしょう。そうすると、万が一事業が継続できなかったとしても、借金が残ることだけは避けられます。

どうすれば借金せずに事業展開ができるか

まず、仕事の内容を選ぶことが大事になります。在庫が必要なものは借金に繋がりやすいため、在庫を持たなくてもいいビジネスから始めるのがいいでしょう。ネットビジネスの多くは在庫を必要としません。こうしたものからスタートすれば、失敗しても人生を棒に振ることがなくなります。ライターやイラストレーターのように、自分の能力のみで稼いでいくのもリスクがなくていいですね。

フランチャイズの場合、充実したサポートによって経営のノウハウを学べるため、店舗運営が初めての人でも安心して始められます。