効率的な倉庫管理!今はPOSシステムの時代

POSを使った倉庫管理

倉庫に抱えている在庫を正しく管理する方法として主流になっているのがPOSシステムです。Point of salesの略語であるPOSはもともとは販売現場においていつどの商品がどのような形で売れたかを管理及び記録するための手段として用いられてきました。しかし、それと在庫管理を組み合わせて商品の発注に関連付けるように拡張したシステムが広まり、さらには倉庫管理とも紐づけされるようになっています。一つのシステムで在庫の発注から入庫、出庫から商品棚への陳列、そして販売に至るまでを網羅的に管理できるようになっているシステムです。これを活用することによって理想的な倉庫管理を実施することが可能です。

倉庫管理におけるメリット

倉庫管理をする上では在庫されている商品がどこに入っているかだけを管理すれば良いわけではありません。いつ入庫されて、その使用期限がいつのなのかという情報も重要であり、個々の商品を入荷したときの価格も管理する必要があります。それらの情報を一元化し、商品や倉庫の棚に付されたバーコードのみで管理できるのがPOSシステムの優れている点です。現場スタッフが行う仕事は入庫時や出庫時にバーコードを読み込むだけであり、それがシステムに記録されることで正しく倉庫内での情報が記載されます。単純な作業であることからアルバイトでも間違いなく行えるため、安価な労働力を使った倉庫管理を実現できるようになるシステムとしても魅力があるのがPOSです。

物流とは物の流通のことです。陸海空いずれかの方法により、適切な量とタイミングで行われることで、人々の生活や仕事が成り立っています。